2017年7月29日(土)〜30日(日)クライミング講習会 小川山&みずがき

 

トップページ > クライミング講習会 >

2017年7月29日(土)〜30日(日)【ベーシック&クラッククラス】ロッククライミング 小川山&みずがき(長野県/山梨県)

  

イベント概要

個々のレベルに応じて、クライミングを行いながら、クライミングに必要な技術・知識を学んでいきます。

二日目は、クラッククライミングに的を絞り、実際にルートを登りながら、あらゆるサイズのジャミング技術と体の使い方を習得していきます。

ジャミング技術を身につけることによって、自身のクライミングの幅も広がります。

国内のみずがき山・海金剛のマルチピッチルートやヨセミテ・カナダなどの海外のクラックルートを目指している方には、必須技術といえるでしょう。

【岩場について】(長野県)
一日目:日本のヨセミテと称される小川山は、良質な花崗岩で、クラック、スラブ、フェースと様々なクライミングが堪能でき、初心者から上級者まで楽しめる岩場です。

二日目:奇岩で有名なみずがき山ふもとの不動沢周辺のエリアは、花崗岩のクラックルートが多く点在します。静かな森の中にあり、クラッククライミングの人気の高まりとともに、注目されているエリアです。

(YFイベントにご参加の際は、「YFイベント規定」をよくお読みください。)
参加ご希望の方は「YFイベント参加申込書」をご提出ください。メンバーの方はこちら。初めて参加する方と、一般参加の方はこちらから。

 

過去のイベント風景

2015年8月 クライミング講習会 小川山&みずがき

 

イベント詳細

開催日 2017年7月29日(土)〜30日(日)<参加受付終了>
天候等によりイベントを開催できない場合は、出発前日の午後8時までにご連絡します。

参加料金 メンバー 27,000円(税込)/ 一般 31,320円(税込)

YFイベントに初めて参加する方(初回参加の方)はメンバー登録していなくても「メンバー料金」でご参加いただけます。YFメンバーに登録ご希望の方は「YFメンバー登録申込書」からお申込みください。

二日目(2017年7月30日(日))のみの参加の場合
メンバー 10,800円(税込)/ 一般 12,960円(税込)

1.一日目のみの参加はできませんのでご了承ください。

2.二日間ご参加の場合、往復ともスタッフの車に乗り合わせることも可能です。その場合、交通費は発生いたしません。申し込みの際に、「スタッフの車に同乗」または「現地集合現地解散」のいずれかをご選択ください。
二日目のみのご参加の場合は「現地集合現地解散」となります。

3.スタッフの宿泊所に一緒に宿泊することも可能です。その場合、宿泊費は発生いたしません。申し込みの際に、「スタッフと宿泊」または「個人で宿泊」のいずれかをご選択ください。
「個人で宿泊」を選択された方は、宿泊先の予約、支払いに関しましては各自で行ってください。

 

 

 

 

 

 

 

実施人数 3名から実施

集合場所 @スタッフの車に同乗
新宿駅のJR線南口改札を出たところ。2017年7月29日(土)午前7時集合。
改札を出ると目の前に大きな柱が立っていますので、その周辺にお集まりください。

A現地集合
金峰山荘前。2017年7月29日(土)午前11時30分集合。
※道路状況により遅れる場合もございますが、ご了承ください。

B二日目のみの参加
みずがき山自然公園 駐車場。2017年7月30日(日)午前9時30分 集合。

保険 登攀用の保険に個人で加入されていない方は、 必ず国内旅行総合保険(クライミング・登攀)にお申し込みください。

保険の加入をご希望の方は、イベント参加申込み書の(クライミング・登攀)をカバーしているものを選択し、生年月日をご記入ください。保険料はイベント参加料金と一緒にお支払い下さい。
この保険の詳しい内容は 国内旅行総合保険のご案内 をご覧ください。

サポーター 阿部 美和子・永野 誠
(サポーターの人数は、参加者の人数によって変更する場合があります)

特別講師:杉野 保(7月30日(日))

スケジュール 7月29日(土)
07:00 新宿駅 → 食品スーパー(二日間の食糧をここでご用意ください)
11:30 小川山到着 現地集合者と合流 → クライミング開始
※スラブ・フェース・クラック等、様々なルートでオールラウンドに行います。

7月30日(日)
08:30 みずがき山へ移動
09:30 現地集合者と合流 → クライミング開始
16:30 クライミング終了 → 新宿駅
※クラックルートを中心にクライミングを行います。
※おおよそのタイムスケジュールです。道路状況等によって時間等は変更になる場合がございます。

 

持ち物・装備

○=必要な物 △=あれば便利な物
※個々の装備についてはクライミングの装備をご参照ください。

クライミングの装備
クライミングシューズ 無料レンタルをご希望の場合は、YFイベント参加申込書のレンタル品にチェックを入れ、靴のサイズ(cm)を記載して下さい (レンタル品をご利用の場合は薄手の靴下をお持ちください) 。
ハーネス 無料レンタルをご希望の場合は、YFイベント参加申込書のレンタル品にチェックを入れ、ウエストのサイズ(cm)を記載して下さい 。
チョークバック 無料レンタルをご希望の場合は、YFイベント参加申込書のレンタル品にチェックを入れて下さい 。
確保器と
安全環付カラビナ
クライミング用ビレイデバイス。お持ちでない方は、YFクラブの物をお貸しいたします。
テーピングテープ クラッククライミングを行う場合は、必須。手首用(38mm幅)がベスト。
トポ 岩場のルート図。自身の登っているルート名などが分かり、あるとより充実する。
ビニールシート 荷物を置いたり、腰をおろしたりするために、あると便利です。
その他の装備
二日分の食糧 1日目に立ち寄るスーパー(またはコンビニエンスストア)でも調達できます。
山や森を歩きますので滑りにくいスポーツシューズやトレッキングシューズが好ましい。
ズボン 動きやすいトランクス、イージーパンツ、スパッツ等が好ましい。
シャツ 動きやすいもの。
長袖シャツ 冬以外の季節でも気温が下がることがありますのでお持ちください。
ジャケット 冬以外の季節でも気温が下がることがありますのでお持ちください。
レインウェア 雨の中でのクライミングは行いませんが、念のため、お持ち下さい。
ザック 岩場への移動の際、手に荷物を持たずに背中に背負えるザックが安全です。
ヘッドランプ 頭につけられるものが好ましいが、懐中電灯でもかまいません。
ライター  
ナイフ  
水筒 500ml.程度のペットボトルでもかまいません。
トイレットペーパー 芯を抜いておくと便利です ティッシュペーパーでもかまいません。
筆記用具  
健康保険証 コピーでもかまいません。
救急薬品 常備内服薬、バンドエイド、包帯、各種軟膏、虫除けスプレーなど。

Sponsered by mammut マムート

サイト内検索 Powered by Google